でいぷろぶろぐ

でいぷろメンバーがちょいと真面目に、僅かに面白く(なるように)、見てよかった!と感じてもらえるように

【環境が人を変える】こともあるよね

皆さんおはようございますこんにちはこんばんは!

でいぷろぶろぐ月曜日担当のよしざわです。

 

相も変わらずパッとしない天気の続く梅雨でも徐々に気温が上がり、蒸し暑くなってきましたね☔

f:id:daypro:20210607235309j:plain

今日はデイプロの大会で使用するグラウンドの整備をしていました。

いつもの仕事とは違う疲労感に襲われています😌

もちろん充実感もありますよ!! 

 

そして整備をしている中、改めて『【野球やフットサルなどのスポーツに携わる仕事】をさせてもらえて幸せだなぁ』と一緒に整備をしていたメンバーと話していました。

1度は憧れて志したプロスポーツ選手とはあらゆる点で異なりますが、

野球に携われる、好きなことが仕事になるという点では言うことなしです😊

 

あとはもっともっとやりたいことができるように力をつけるだけです!!

 

 

さて、前置きが長くなりましたが本日のテーマは【環境】です。

環境が人格形成の主であることは有名ですが、

今日はそのようなお堅い切り口ではなく、私が社会人になってからの過程でのモノやヒトとの出会いにより変わっていった好みや価値観について突然振り返ってみたいと思います。

 

結論から申し上げますと、

私よしざわ、麺類を抵抗なく食べれるようになっていました。

 

え?今まで嫌いだったの??

『嫌い』というより『食べる必要がない』『食べたいと思わない』が正解に近いです。。

世の中には無類の麵好きの方が多くいるのはよ~くわかっています、失礼なこと言ってすいません😓

 

何より『白米』is 正義 という勝利の方程式が存在していましたので白米以外は麺であろうがパンであろうが自ら好んでは食べませんでした。

 

そんな頑固な価値観を引っさげてデイプロメンバーと共同生活をするようになって約1年半、今現在勝利の方程式は解体されました。

 

昼食や夕食時にどうしても自分で作るのが面倒なときに、他のメンバーの料理を食べる機会が必然的に多くなります。

他のメンバーは麺やパンが大好物なこともあり、ガンガンそういったものが登場してくるのでありがたがって食べていました。

 

実際食べ始めればメンバーの腕前のおかげもあり、本当においしいと思って食べているのでなんの不満もありません。

 

そうした環境下で1年以上生活していたらそこになにも思わず抵抗感も全くなくなっていました。自分でも驚きです(笑)

 

きっと過去の私のような白米信者人間がデイプロメンバーにもう一人でもいたらここまでは変化していないと思います。危うくこの先何十年も偏食・偏見で生きていくところでしたのでメンバーには感謝ですね🤣

他のメンバーは私以上に偏食ですけど

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

また来週~👋