でいぷろぶろぐ

でいぷろメンバーがちょいと真面目に、僅かに面白く(なるように)、見てよかった!と感じてもらえるように

【スポーツ大会の中止】”コロナ後”私たちができること

 

f:id:Ho-takassm:20200520211137j:plain

コロナの影響により世界中で相次ぐスポーツ大会の中止。各界のファンはもちろんながらプレイヤーはどれほど辛い思いをしているのか…

水曜日担当Hotakaです!

今週のでいぷろぶろぐのお題は「コロナの影響」です。

そして、私たちにも他人ごとではない【スポーツ大会の中止】について私は、書いていこうと思います。

 

現在、東京オリンピックをはじめ甲子園や各スポーツの全国大会、ましてや地方予選などすべての大会が中止となっています。スポーツを職業としている人たちも開幕ができずコンディションの調整に追われている日々となっていることでしょう。

 

【数年前までは自分も高校生】

私自身、数年前までは高校球児として毎日野球の練習に励んでいました。

「夏の大会のため」「甲子園のため」そんな思いで夏の暑い日も、冬の寒い日も雨であろうが突風であろうが練習をしていました。

高校生なら特に、想像を絶する練習を毎日毎日していることでしょう。

 

野球に限らず、どんなスポーツでもやられている方なら地方予選、全国大会、そんなものは関係なく自分がその時に最大のパフォーマンスを発揮することを目指し、勝利のために練習に励んでいるでしょう。

 

そして、現在。

 

誰も予測ができなかったコロナウイルスにより、

”人生をかけて打ち込んできた”ことが発揮できない。

 

言葉にはできない悔しさと悲しみであふれていることでしょう。

 

ネットの中では、様々な声があります。

・”無観客でもいいから開催してあげたい”

・”この状況なら中止は仕方ない”

・”時期をずらし、新たに開催はできないのか?” …等々

 

全国大会ともなればいくつもの競技がテレビで放送されファンである私たちに感動と勇気を与えてくれます。

 

それだけでなく、その先の”人生”にも大きく影響してくる人だっています。

現にプロ野球のスカウトの方たちもまだまだ成長段階である高校生を視察できず、
毎年行われるドラフト会議への影響を心配しています。

www.chunichi.co.jp

 

【私たちができること】

おそらく一握りの人しか実現させることができない職業としてのスポーツ選手。

または、全国大会に出たい、限界まで挑戦し続けたい。

そんなことを夢見てるからこそ人生をかける。

 

しかし、こんな状況では、いくら全員が望んでも叶わない。

 

だったら、終息後大会をやってあげたい。

高校生や中学生それらに限らず、少しでも力になりたい。

 

3年生は仲間と望む最後の大会すら行えない。負けても涙するのにそもそも試合ができないなんてそんな残酷なことはないだろう。

 

気休めにしかならないとしてもどうにか少しでも、

競技をその仲間たちとさせてあげたい。

 

 

Day Produce

私たちの会社名です。

スポーツの力で充実した日々を創造する。そんな由来があります。

 

まだまだ知名度もなくほんとに僅かな人たちの力にしかなれないかもしれません。

それでも、

今後皆様の力をお借りしながら無念の中にいる人たちに提供していきたいです。

 

 

 

本日も最後まで読んで下さりありがとうございました。