でいぷろぶろぐ

でいぷろメンバーがちょいと真面目に、僅かに面白く(なるように)、見てよかった!と感じてもらえるように

【1度は行きたい無人島。持っていくなら??】

皆さんおはようございますこんにちはこんばんは!

でいぷろぶろぐ木曜日担当のしゃっちょです☝

 

お盆休み明け一発目、テーマは『無人島に物を持っていくなら』です!

よくありがちなテーマ、でいぷろぶろぐでも採用です(笑)

 

条件はそこまで細かく決めておらず、

・持っていけるのは3つ

・屁理屈NG

・リアルに、モラルのある

 

このような感じです。

 

さて私の場合ですが、先に3つ挙げますと、

1、テント

2、ろ過装置

3、チャッカマン

 

この3つです!

 

パッと見どうですか?

 

意見の合う人、合わない人いると思いますが、

私が寝ているときに虫や動物によって妨害されたり、襲われたくないなと思ったので、まずテントを選択しました。(可能であればコールマンのやつ)

 

寝床の確保が済んだら次は食いつなぐか、です。

無人島は必ず海に面しています。その海水が飲めるようになれば生活用水や飲料水などに困ることはありません。よってろ過装置が次の選択になりました。

 

最後はチャッカマンです。

水の確保ができたとなると、やはり食をどうするかということになってきます。

煮る、焼く、茹でる、、、

全てに火が必要です。海で魚を捕まえても調理できない、なんてことになってしまいます。

 

それにお風呂に入りたい、お湯を沸かしたい、焚火をしたい等のことにも火が必要になります。

無人島と言えば、

木と木を擦った摩擦で火を起こしているのがテレビ等でも見受けられますが、

1回1回あれはきついですよね(笑)

火を起こせる道具は必要になると思います。

 

以上が私が選ぶ3つと、その理由です。

 

でもこれ、条件によっていろいろ変わってくるな、と書きながら思いました。

例えば行く季節→春夏秋冬いつなのか、

例えば行く期間→どのくらいいくのか、

例えば行く人→1人なのか複数人なのか、

 

このほかにも条件次第で一概には言えないものなんだなぁと(笑)

 

実際にこんなストイックに厳選せず、準備万端で無人島に行ってみたいです!

小さいころから老後は無人島で自給自足の生活を送りたいなぁ~とかって本当に考えていたくらいです(笑)

 

こういうのも人によって価値観も考え方も全然違うと思うので、他のデイプロメンバーの記事を見てみても面白いと思います!

 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました😌
この記事を読んでよかった!というコアな方は、是非ブックマークと読者になるボタンを“ポチっと”お願いします!